HOME>イチオシ情報>精密機器には希少な素材がたくさんあるので高値で売れる

使わなくなった電子機器を引き取ってくれる

アプリ

水没や衝撃で壊れるということもありますが、iPhoneの耐用年数は基本的に10年度がめどです。もし使用中にバッテリー部分が熱かったり、電源が突然消えるもしくは誤作動を起こす場合には買い替えのタイミングに挙げられます。基本的に使えなくなったiPhoneは、販売店もしくは処理専用の工場に輸送する形です。実は第3の方法として、iPhoneの買取サービスをしているところがあります。会員登録をした後に申請を出して、業者から専用の段ボールを送ってもらいます。その中に使わなくなったiPhoneを入れて査定をしてもらい、納得のいく金額であればサインをして引き取ってもらうだけです。

リユースの促進ができるから

iPhoneの買取サービスがある理由として、レアメタルや金銀など希少な金属が入っていることです。これらの希少な素材は世界中で需要があり、壊れているiPhoneを引き取った後に分解をして特殊な工程を経て金属や部品を取り出していきます。そうして取り出した金属は、一度溶かされた後に別の商品への移植や延べ棒という形で利用されます。このように使わなくなったiPhoneを再利用することで得られるメリットが大きいことから、国内外での重要があり高値で取引されるのでこのようなサービスが広がっているのです。

実際に利用する際の注意点

iPhone買取サービスが広がりを見せ、実際に利用者は増加傾向にあります。ただ実際に利用するうえで、絶対に注意してほしいことがデータを消去することです。買取サービスでは事前に情報を消してから販売に出すように言われており、業者ではデータ消去は受け付けていないです。もしデータ消去を忘れてしまうと、第3者から復元されて個人情報が漏れる恐れがあります。iPhoneのデータチップはカバーを取り外して、ペンチを使って取り除くだけです。ただ関電の恐れやほかの部品を破損させるリスクを考えれば、データ消去用ソフトを使って上書きをするという方法もあります。